集客・販売促進に欠かせない大切なこと

お客様と相思相愛になることでロングセラーを目指しましょう

お客様にはまずはこちらから誠意を持ってアプローチしましょう。売り手側から、誠意を持ってアプローチすることで、お客様との関係がスタートします。

ビジネスも結局、1対1の関係が基本です。日常の人間関係のお付き合いと同じなのです。

まず初めに、こちら側の想いをきちんと伝えなければ、相手に何かを望むのは、無理な相談です。

たとえば、恋愛関係でも、友人関係でも、こちらに相手に対する好意がないのに、相手に好意を要求しても、それは難しいことです。こちらに誠意がないのに、相手に誠意を要求しても、それも難しいことですね。

だから、まずはこちらから誠意を持ってアプローチしましょう。

あなたとあなたのお客様を結ぶキッカケが見つけたら、あなたの会社や、お店、商品の魅力や価値がきちんと伝わる販促物を作り、あなたのお客様に伝えなくてはいけません。

好意や、誠意があっても、それが相手に伝わっていないのでは、その気持ちは伝えていないのと同じこと、それどころか、そんな気持ちが無いのと同じことになってしまいます。よい商品、サービスがあっても、伝わっていなければ伝えていないのと同じことです。

ですが、お客様を思う気持ちと良い商品があり、それをきちんと伝えることができたら、お客様はちゃんとやってきます。

お客様にきちんと伝え、お客様に愛されることができれば、お客様のほうから、あなたのサービスや、商品を望むようになります。

お客様に支持されることができれば、お客様にとって、あなたは「オンリーワン」になります。

これが、お客様と相思相愛の信頼関係が出来る、ということです。

そうなればもう、価格競争に巻き込まれることなく、あなたのサービスや、商品が、望まれて選ばれるようになります。
結果として、「長く、売れるようになる」のです。

ベストセラーではなく、ロングセラーを目指せるようになります。

マーケティング戦略で手に入れたお客様との関係よりも、ファンになっていただいたお客様との相思相愛の関係のほうが長続きするのは明らかです。